食のプロを目指すならフードコーディネーター|確かな信頼を得る

ブームとカリキュラム

マグカップ

カフェ専門学校はブームによって多数の人が学ぶようになり、学習しやすい環境が整えられています。実践力の高い人材を育成するのを目的として、学内カフェをオープンし、生徒に運営させるなどのカリキュラムが豊富です。

もっと知ろう

食に関してのプロ

和食

流行の先端を行く

フードコーディネータは食に関することを、広く専門的にかかわっていく食に関するプロになります。料理研究家は料理に特化するのですが、フードコーディネーターでは料理の見栄え、販売促進、デザインなど料理に関係した物事をすべてに知識が必要になります。現代の社会では、食生活や住環境などが多様化して様々な組み合わせが必要になってきています。日本では流通の発展により世界各国の食材が輸入されています。食の流行も回転が速いため、フードコーディネーターという職種が必要になってきました。食に関係する、すべてにおいての専門知識は、食品を扱っている会社などにとっては、欠かせない存在となってきています。これからもフードコーディネーターの需要は多くなると感じます。

資格があった方が有利

フードコーディネーターには特別な資格はなくても仕事はできます。しかし、食に関する専門的な知識がなければ成り立ないのも事実です。フードコーディネーターとしての勉強をし、資格を取る事で仕事として道が開けます。資格を取得するための知識を得るには、専門学校などで学び資格を取る方法と通信教育での独学で資格をとる方法があります。フードコーディネーターは食の情報を伝えるのが仕事になります。料理が上手なだけでは成り立ちません。今現在の食材の流行や求められている事を早くに察知し伝える事ができなくてはなりません。常に時代の流行と消費者のニーズに答えられるように敏感な感性と勤勉さが大事な職種と思います。食のアイデアを生み出す華やかな職種です。

最適な選択を行いましょう

バリスタ

バリスタになるためには、資格は必要ありませんが、コーヒーの知識や淹れ方を本気で学ぶには、取得も検討に入れるべきです。スクールでは、経営まで考えている方向けのコースや資格の取得に焦点を絞ったコース、夜間や週末コースまでさまざまです。ご自身の将来をしっかり検討したうえで、適した選択を行いましょう。

もっと知ろう

コーヒーの専門家になる

コーヒー

バリスタは、コーヒーの淹れ方や種類などに精通している、コーヒーの専門家を指す言葉です。折からのカフェブームに乗って、若者を中心に知識や技能を身につけたいと望む人が増加しており、専門学校の養成講座が人気を呼んでいます。

もっと知ろう