コーヒーの専門家になる|食のプロを目指すならフードコーディネーター|確かな信頼を得る

食のプロを目指すならフードコーディネーター|確かな信頼を得る

コーヒーの専門家になる

コーヒー

カフェオーナーなら必須

ここ数年、若者たちに将来なりたい職業を訊いてみると必ずといっていいほど上位にランクされるのが、カフェオーナーです。この人気は、1つにはもちろん日本にコーヒー文化が定着したことによるものですが、他の飲食店に比べると内装やメニューにこだわることで店主の個性を表現しやすいというのも理由の1つになっています。若者のみならず、最近では子育てを終えた主婦が起業を目指すケースなども目立っています。本格的なカフェを経営する際に、持っていると非常に便利だと言われている資格がバリスタです。バリスタはもともとはエスプレッソを淹れる人という意味でしたが、現在ではコーヒーの種類や淹れ方全般に精通している人という意味で使われています。

技術以外にも学べる

バリスタには公的な資格などはなく、誰でも名乗ることは可能です。しかしカフェオーナーとして、あるいは従業員としてプロフェッショナルな仕事をするためには、専門的な知識や技能を持っておく必要があります。そのため、最近では専門学校に通って学習し、業界団体が認定するバリスタの資格を取ってから開業あるいは就職を目指す人が増えています。バリスタの養成講座は、主として調理・製菓系の専門学校において開設されています。2016年現在、全国で30校近くの専門学校が専科を設けています。こうした専門学校では、おいしいコーヒーの淹れ方はもちろん豆の選び方、産地の歴史など、コーヒー文化全般について学ぶことができます。ビジジネスマネジメントなど、経営者に必須の知識を身につけることも可能です。